スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

windows7でファイル一覧の表示が遅い

Windows7で画像や動画フォルダ内でファイルを日付順に並べ替えして、一度そのフォルダを閉じてからまた開くと、最初に名前順でソートされた状態で表示され、しばらくフォルダパスの部分にプログレスバーが流れながらHDDをガリガリ鳴らしつつ、再度日付順で並び替えされた状態で表示される。
どうやら、ファイル情報などを蓄積せず、一回の表示で使いきりのようである。
その仕様のおかげで、画像や動画が1000ファイル以上あるフォルダを日付時刻順の並べ替えがデフォルトの状態で表示すると、ファイル一覧が出てくるまでに30秒くらい待たされています。
おめでとう。

コントロールパネルのインデックスのオプションから該当フォルダをインデックス作成の対象にしてみたり、ライブラリに追加してみたりしてみたが、どうにも表示は速くならず。
しかし、途中で気づいた。
「ダウンロード」のフォルダもデフォルトで日付順にソートしているのに、こちらはフォルダを開いたときからちゃんと並び替えがされた状態で表示されている(Windows XPのように)。
そこでようやく気付いた。

画像や動画用のフォルダに表示されている項目は「日付時刻」。
ダウンロードフォルダに表示されている項目は「更新日時」。

両者の違いが何なのかは調べてないので分からないが、試しに画像フォルダの詳細表示に「更新日時」の項目を追加して、それをデフォルトの並べ替えにして、いったんフォルダを閉じて再表示。

出た、一発で日付順にソートされた状態でファイルが表示された。
おめでとう。

Vistaの時もそうだけど、今回も表示項目にトラップがあった。
表示項目は全ての、あらゆるフォルダで共通でいい。
即ち、「ファイル名」「サイズ」「種類」「更新日時」だけ出てれば十分。

とりあえず問題解決したけど、ネットで検索してもこの問題についてあまり言及されてなかったのが心細かった。
もしかして、更新日時でソートくらい常識だったのかな・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

gkurose

Author:gkurose
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。